肩こり治療の知恵袋-埼玉(さいたま)

注目

Pocket

肩こりとは

肩こりとは、後頭部から肩、肩甲骨周囲にかけての筋肉の緊張を中心とした痛み、鈍痛、違和感などの症状をともなう病気です。
男性よりも女性のほうが肩こりで悩んでいる方が多く、症状が悪化すると手に痛みやしびれが発生したり、筋肉の緊張にともなう頭痛(緊張性頭痛)や眼痛を経験することがあります。

よく肩こりは日本人特有のものだと言われますが、そんなことはなく、海外では「Stiff shoulder」とか、「Stiffness」と表現するそうで、多くの方が悩んでいるそうです。
肩こりに相当する表現がないだけですね。

ツライ肩こりで悩んでいませんか?

ツライ肩こりで悩んでいませんか?


肩こりの原因

原因に関しては諸説ありますのでなかなかこれですとは書きづらいところではありますが、一般的な説で説明すると、基礎疾患を伴わないいわゆる「コリ」では、デスクワークなどで長時間の同じ姿勢を続けていた場合、首や腕を支える筋肉が収縮することなく持続的に緊張した結果、酸素欠乏状態に陥り、その結果痛みセンサーが興奮して痛みや鈍痛を感じる、といった感じです。

また、結婚、離婚、就職や退職、引越など生活環境の変化に伴って悪化することが多くみられます。

3d rendered illustration of human red blood cells

肩こりの原因は筋肉の酸欠が多い

その他基礎疾患を原因として首や肩に筋肉のコリを感じることがあります。

例えば脊椎になにか疾患があった場合

心筋梗塞、肺疾患、肝胆道疾患などの内科疾患

眼科、耳鼻科、歯科疾患などに伴ってコリを感じることもあります。

kounenki_woman

肩こりからくる頭痛、ツライですよね。


肩こり治療の現状

首や肩周囲の筋肉の過緊張を改善するために様々な方法があります。
特に整体院や整骨院、カイロプラクティク院では考え方、理論も様々で、ホームページなどを確認して自分の納得できるところにかかるようにしましょう。

|西洋医学(病院・整形外科)の場合

・姿勢や筋肉に対するアプローチ
肩こりの予防には姿勢を良くすることが必要になる場合がありますから、立っている姿勢や座っている姿勢からアプローチします。

・消炎鎮痛剤や筋弛緩薬などの内服薬、湿布剤
筋肉弛緩系:筋肉を柔らかくすることを目的としたものです。

ビタミン系:ビタミンB1は筋肉疲労に、ビタミンEは血行不良の改善に、ビタミンB12は末梢神経の傷を修復するのに適していると言われています。

塗り薬、湿布剤:様々な成分のものがあります。湿布は大きく分けると冷湿布と温湿布がありますが、それ自体に冷やしたり温めたりする効果はありません。主に筋肉の緊張を和らげることを目的で使われたり、打撲や捻挫などのケガの治療に使われることもあります。

・電気刺激や温熱刺激などの理学療法

干渉波や低周波、マイクロ波治療器などを用いて温めたり、電気刺激で筋肉の緊張を改善するものです。実に様々な機械があります。

・局所注射や神経ブロック療法

神経ブロックは痛みの伝わる経路をブロックすることで痛みを取ります。具体的には痛みを起こしている神経に局所麻酔薬を注射し、痛みをとったり筋肉をゆるめたりする方法です。この他にも筋膜性疼痛症候群(MPS)に用いられるトリガーポイントブロックという方法もあります。

トリガーポイントブロックに関しては私が所属しています筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会のHPを参考にしてください。 筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会HP

doctor_xray_rentogen

|東洋医学(接骨院・治療院・整体院など)

・姿勢や動作、筋肉に対するアプローチ
肩こりの予防には姿勢を良くすることが必要になる場合がありますから、立っている姿勢や座っている姿勢からアプローチします。

・湿布などの外用薬
様々な成分のものがあります。湿布は大きく分けると冷湿布と温湿布がありますが、それ自体に冷やしたり温めたりする効果はありません。主に筋肉の緊張を和らげることを目的で使われたり、打撲や捻挫などのケガの治療に使われることもあります。有効成分のジクロフェナクナトリウムやインドメタシンなどが体内に吸収され、痛みなどの炎症症状を起こすプロスタグランジンという物質を作られないようにします。しかしその一方でプロスタグランジンは胃壁や腸壁を消化液から保護する役割もあるため、合成を阻害すると胃潰瘍になることもありますから体のアチコチにベタベタ毎日貼る行為は考えたほうがよさそうです。

・電気刺激やレーザー、温熱刺激などの理学療法
整形外科や理学診療科と同じく、干渉波や赤外線、マイクロ波などを用いて肩こりの改善を目指します。

・様々な理論に基づく矯正方法など
治療院の数ほど治療法があると言われるほど様々な矯正方法や治療方法があります。HPなどを確認して、十分納得できるところに通いましょう。

Wellnessurlaub

※症状が変化しない、悪くなる場合は、整形外科疾患や内科疾患が隠れていないか、病院へ相談するようにしましょう。肩こりは実に様々な原因で起こりますから、自己判断は禁物です。


肩こり治療、当院の場合

当院では皮膚や靭帯、筋肉に刺激を加えて身体の反応を引き出す独自のACT療法や、カウンセリング、日常生活の指導など、様々な角度からアプローチをして肩こりからの卒業を目指します。

ツライ肩こりから卒業しましょう

ツライ肩こりから卒業しましょう

 

肩こりにならないために気をつけたいこと

早寝早寝

しっかりと栄養を摂る

しっかり湯船に浸かって入浴する

体を温める

精神的、身体的ストレスをため過ぎない

趣味を持つなどして生きがいのある生活をする


 

ACT療法

高校卒業後にこの業界に入り、もうすぐ21年になります。今まで数多くの患者さんの症状回復に向けて施術をおこなってきました。

埼玉県蓮田市の地に治療院をかまえてから数年はAKAをおこなっていたのですが、ある日技術を見直すキッカケが訪れました。

いつものように患者さんの体に施術していると、皮膚に刺激を加える事で筋肉が柔らかくなったり、関節包内運動が正常化する現象を発見したのです。

その後数年間試行錯誤を重ね、安定して効果を出せるようになったのでこの施術方法に「ACT療法」と名前をつけました。

数年前に山口創先生の著書に出会いましたが、その中になぜ皮膚の刺激をすることによって筋肉の緊張が解けるのかが書いてありました。山口創先生や傳田光洋先生の本は読んでみることをお勧めします。

これまでに様々な刺激方法を試みた中で発見したことは

・一定の速度、刺激で皮膚を刺激すると筋肉の緊張が緩み、関節包内運動の異常が改善すること。

・特定の2ヶ所、3ヶ所を同時に刺激すると筋肉の緊張が緩み、関節機能障害が改善することなどです。

現在もより早く改善できるように技術を見直しながら改良を続けています。

腰痛やひざ痛など、運動器の痛みに関してですが、痛みが出ている場所に必ずしも原因があるとは限りません。例えば足の指がおかしくなっているにもか かわらず、腰に痛みを感じたり、首や背中に異常があるのに指や肘に痛みを感じたりすることはよくあることですが、これを「関連痛」といいます。

実際に現場で施術しているとこの関連痛が非常に多いことがわかります。

ですからACT療法では痛みのある場所にこだわるのではなく、全身を見てバランスを整える方法をとっています。

この技術で一人でも多くの痛みに悩む方が痛みから開放されれば幸いです。


院の紹介

WS000148

初めまして、埼玉県蓮田市にあるおおしま接骨院院長、大嶋大輔です。
体の痛みやしびれについてインターネットで調べてもなかなか良い情報が見つからない、そんな声を多く聞いていました。

そこで私は様々な痛みで悩んでいる方達に向けて少しでも痛みを解消するための情報が提供できればと重い、様々な症状別のページを立ち上げました。

肩こり治療の知恵袋はそのうちの一つです。(症状別サイトへhttp://s55.jp

近年痛みに対する考え方が変わりつつあります。骨の変形や神経に対する圧迫を痛みの原因としていた「損傷モデル」からより全人的に見ていく「生物心理社会的疼痛モデル」です。

痛みの特効薬は正しい情報だと言われています。

人間の体は思い込みが強いとそのように変化してしまいやすいですから、スムーズに肩こりを解消するためにも、考え方を少し変えるというのは大切な事です。

体の痛みにお悩みの皆さんの力に少しでもなれればこんなに嬉しいことはありません。

 

おおしま接骨院:http://s621.com

症状別サイト:http://s55.jp(ここから様々な症状のページにいけます)

■著書・書籍のご案内

「腰痛解消!神の手を持つ18人」
「腰痛・首・肩の痛みを取る!匠の技を持つ23人」
「テンタクル・タッチで痛みが溶ける!究極の脱力ジェリーフィッシュ・セラピー」

■施術所情報
住所:〒349-0124 埼玉県蓮田市末広2-1-2
お問い合わせ:電話:048-764-1190
施術時間:午前9時から12時 午後2時から6時半(土日祝は午後5時半まで)
お休み:水曜日・都合で時々

Pocket

ブラの締め付け注意!女性が感じる不調1位「肩こり」の原因8つと予防策

Pocket

平成25年に厚生労働省が公表した『国民生活基礎調査』によると、女性が不調を覚える自覚症状の第1位は“肩こり”なんだそうです。実際に、肩こりに悩んでいる方は少なくないですよね?

「肩こりを解消するには?」「肩こりをなくしたい!」と思っている方、肩こり解消・予防のカギは、まずは原因を知ることが大切です!

そこで今回は、ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック院長の対馬ルリ子先生総監修『首・肩のこりがつらいときの本』や『WooRis』の過去記事を参考に、肩こりをまねく原因8つとそれぞれの解消・予防法をご紹介します。

続きはこちらから

私はしたことありませんが、締めつけが強いと直下の筋肉が固くなるようです。

筋肉同士はネットワークみたいなものがありますので、固くなった筋肉に関連する場所も同じく固くこってしまいます。
あまり強く締めつけないほうが良いみたいですね(^^)

ツライ肩こりで悩んでいませんか?

Pocket

頑固な肩凝りなどの不調の原因は、いま話題の“筋膜”にある?

Pocket

最近、テレビ番組などでも取り上げられ、注目を集める「筋膜」。私たちの身体は、筋肉、骨、臓器、神経、血液など多くの器官で構成されている。そのなかでも意外に知られていない器官が筋膜だ。今回は、その働きなどを紹介しよう。

筋膜は英語で「Fascia」といい、タンパク質からできているコラーゲン繊維の薄い膜のことだ。その名から誤解されがちだが、筋肉だけではなく、あらゆるもの(内臓、血管、神経、骨など)を包んでいる。その役割は「各組織を適切な位置に保つ」ことにある。

コ ラーゲン繊維から成っているために、筋膜には可塑性(かそせい)が備わっていることが特徴だ。力を加えて変形を与えると、力を取り去っても歪み がそのまま残る。つまり、一定の力で加わり続けたりすると筋膜が変形して、それの“ネジレ”や“癒着”が起きて、身体にさまざまな影響を与える。 続きはこちらから http://healthpress.jp/2015/11/post-2089.html

ツライ肩こりで悩んでいませんか?

最近NHKさんでも続けて「トリガーポイント」や「筋膜性疼痛症候群」について放送されていましたね。
雑誌等でも特集されているのを目にするようになってきました。

実は肩こりばかりでなく、手や腕の痛み、背中や腰の痛み、膝や足の痛みもこの「筋膜」が関係しているものが非常に多いことがわかっています。

筋膜がおかしくなってしまう原因は様々ですが、怪我(例えばむち打ちなどや寝違えやくしゃみをした時に生じた小さな微小損傷)、疲れすぎ、緊張のし過ぎ、対人関係のストレス、環境の変化、栄養不足(偏った食生活)、気温や気圧の急激な変化やカフェインの摂り過ぎなど、性格面では生真面目、責任感が強い人、いつも全力で頑張る人、完璧主義な人、我慢ばかりで自分を表現するのがうまくない人などがおかしくなりやすいです。

自宅でできる筋膜リリース方法もありますから、お試しください(^^)

 

Pocket